センチメンタル岡田公式サイト
長野出身変な人センチメンタル岡田のサイト
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
40
葉穂

作詞作曲 ヨルダン三輪

・・・・ロードしています・・・・
鼻毛のように空を飛びたい
いつものように彼とやりたい
水藻のように揺らいでいたい

地獄の中で自爆した
便所のような賛美歌を
心の中で復唱し
お芋を栽培してしまう

(語り)「結成65年でやっとプロデビューしたバンド「まんこ・ファイターズ」はしかし次の日に解散した。いやはや、まったく世の中とはわからないものだ。」

あなるあなるあなるあなるあなる

君は機内でエチケット袋を吐き出した。
その泣きそうな瞳を今でも忘れている。

(語り)「「まんこ・ファイターズ」の中心人物、顔山春池はソロ活動をはじめるもめんどくさくなり、現在は北海道で酪農を営んでいる。いやはや、まったく世の中とはわからないものだ。」

夕景が頬を横切るも着陸に失敗。
あなたのもとに不時着しました。
液体のようにほとばしるあなたの逆光の笑顔。
光のほとばしる中で私の夕景も逆行。
あなたが僕は好きです。
最後に言いたくなかった。
もっと、くだらないことを言えばよかった。
鼻毛でてるよとか。
今となっては山並みを見つめるだけです。
きっとあそこにはあなたがいて、
僕が見てるように僕を見ているのでは。
そう思ったら優しく生きていけそうな気がしました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。