センチメンタル岡田公式サイト
長野出身変な人センチメンタル岡田のサイト
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
歌詞20
電柱

 作詞 スープマン88世 作曲 草岩刈安


金色な飛び石な連休の夢の中
わかるふりもわからないふりも
同じようなものだと悟ったふりと
日差しに翳る車の陰に混ざって。

枯れ葉と若葉が同時に舞ってた・・
目に見えなかったのが見えたときは
いつも何かが動いたから
電柱の先っぽで
飛び飛びで歩いてた人へ

(ふたりがでてこない・・・
フィルター
便所掃除
思い出、水道、モップ、万年、語り部、下手くそ、上手くそ、かちゃかちゃ、
ふたりがでてこない・・・)

風の中にさえ風が吹いてた・・
いつも見えないものだけが
誰かや何かのおかげで見えた
電柱の先っぽに
飛び飛びで今日も伸びして

車と電車がいつでも吐いてた
独りの吊り革熱線浴びてた
誰にも知らない香りを抱いてた
崩れた頭でまぶたを開けてた
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。