センチメンタル岡田公式サイト
長野出身変な人センチメンタル岡田のサイト
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
歌詞21
磯辺のバラード 
 
   作詞 アジフライ田辺 作曲 草岩刈安

岩場に苔むしたコケティッシュ

昨日の高速道路 泣きながらかっ飛ばした
こぶしを握って ハンドルはなして 鳥の糞が
バンパーに直撃 ワイパーを意味もなく最高速度で

こぼれてるじゃんそのワイン気づいてないの?こぼれてるってそれいやだからこぼれてるって何がってワインがだよそれそうそうそれほらシミできちゃってるじゃんあなたの服いやなんで殴るの?意味というものがわからない。痛いって殴るのをやめてどうか。え?だってただ俺はワインが

岩場にすりよったスリル

「センチメンタル岡田の音楽とはアーバンクロスオーバーなのだよといった人は誰?それは俺です。自分で言いました。すいません。」「いや謝らなくても」

岩場に絡みつくからし味噌

天気予報を信じる意味と天気予報を信じない意味に違いはあるのだろうか。
昼間から夕暮れに変わりそうな変な時間に僕は少年刑務所の窓を見つめて
正しい悪事と醜い善行のことを考えていた。僕はひとりぼっちで海に潜った。
うにが腕に刺さった。あの人が今ここにいてあの人が一緒に僕と泳いでも
あの人と僕はひとりぼっちなんだろうか。背中に夕立に気づいて。

岩場にとまった一匹の鷺がくちばしをあけて笑っていた。

「救急車に乗りたかったんです一度は」「で、どうしたの?」「自分から車に轢かれました」「ふひゅう、痛かっただろう」「まあ痛かったです」「で、どうなった?」「夜中で、人通りがなかったんです」「うん」「誰も気づいた人がいなくて。しかもドライバーは良心的じゃなくて。」「ほほう(鼻くそをほじる)」「かいつまんで言えばひき逃げされたわけです」「轢かれ損だったね」「まあそうです」「ふふん。で、これからどうするの?」「あまり考えていません。」「それはいいことだよ」「どうしてですか」「それはだね・・・これかうぐあっ(流れ弾に当たる)」「所長!」「うぐぐ・・・わたしはもうだめそうだ」「さっきなんていおうとしたんですか」「そうだな、言いそびれたな・・・私の培った人生観を君に授けよう・・・だいたいにおいてだな・・・これかそえらsdd(再び流れ弾に当たる)」「所長ーーーー!」がくっ

それから私はもう夕暮れに染まった海辺の道をひとり歩いていきました。
もううしろめたいことがいくつでもあってもうしろめたくないようなふりでもして生きていこうとさえおもいました。それが自分の関わってきた度重なるうしろめたいことへの一番うしろめたくない手段のように思えました。

そうしてただ私は海辺の道を歩いていきました。夕暮れに包まれて。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。