センチメンタル岡田公式サイト
長野出身変な人センチメンタル岡田のサイト
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
30
雪解け雪
         作詞作曲 カンザリアン廣瀬

離れないよ もうすぐ
釣り場の花火の灰は
流れ星のように どこかの
博士の髪の毛を焦がすよ

この谷では優しさがもういらない 怯えないように生きれない
列車を見送る日に また出会いでもあるというのか

(答えはあるという。
憂いは晴れるという。
でもこの朝日以外は何もいらないんだ。)

離れないよ もうすぐ
売り場に死にのびた人たち
こそこそしゃべろうか
いなくなる前に
いなくなる前に
いなくなる前に
いなくなる前に



(君に出会って、胸に火がついたのは良かったけど
焦げてしまってもう使い物にならない。)



それを橋の上から見つめていた

少年と少女がそこで出会う、なんて切ない景色・・・
すべてが恋になる。
すべては恋になる。
すべてが恋になる。
すべては恋になる。


「スモーク炊いて?」「スモーク炊いて?」「スモーク炊いて?」

新幹線の窓に張り付いたはぐれた花びら。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。