センチメンタル岡田公式サイト
長野出身変な人センチメンタル岡田のサイト
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
32
大江戸ふんどしタウン

 作詞作曲 アジフライ田辺


から くり じゃないのね あくまで浜風 ね
ぬしとあの 崖まで かわたれの雨垂れね・・・


拙者、わし、小生、某、コーヒー飲んだよシンパシー!
今日の風、優しい。ぬしに会うともうノックアウト!


盆に、燃やすカンバ。 祭典式のダーテンバー。
道端の市場で、(無様なさらばと添え言葉・・・。)


その手は桑名の焼き蛤よ。花も一盛りね。
そろそろ拙者も消えるよ。ごきげんよう。


「ねえ、おぬし、気づいてる?さっき、ふんどし落としたよ。
スースーしないかい?チラリとなんかも見えてたよ。」


((いつも、頑なに、知るまいとする、儚さは・・・
だから、歌うんだろね。あとんなってみりゃ、あからさま・・・・))


生まれたときから 壊れていくんだ
恋でもしたなら、尚更、殊更。
生まれたときから 直っていくんだ・・・・・。
街の光が、遠くに見えるよ・・・・。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。